2017

03.28

レッスン 3月

ハノン 
スケール 
考えこまず弾く。これが功を奏したようで合格。
思い切りも必要。
でも もう少し姿勢を・・の話しになり
アルペジオをやりながら腰、脇、胸から鍵盤の距離の再確認。

ツェルニー  5番、6番
弾きにくい所を集中的に。
特に5番、要は指の形、弾き方に問題あり。
練習方法を 家でできるまで今、やっていってね。。で
びっちりやりました。。(^_^;)
それができたらテンポアップする。

シンフォニア2番
譜読みはできていて、流れも切れず弾けてはいる。
まず、第一段階はクリアできたようです。
次回もっと内容を深める。
先生に参考資料をいただいてきたので
楽譜をコピーしてそれを書き入れて練習する。

で、レッスン終了。

おずおずと・・何か曲をやってみたいのですがと伝えたら
先生もやりましょう、やりましょう・・になり選曲していただきました。
イベール  物語より 金の亀使い  です。

作曲家さんも題名も 未知な感じですがやってみます(^^♪

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

03.22

う~ん。。

バッハは不思議に手になじむからでしょうか
ちょっと譜面から迷子になっても手が覚えてて弾ける。
でもそんな時、
弾けてるのに、弾いてる自分が信じられないのです(笑)

あわてて今どこを弾いてるのか
自分を信じられないまま
譜面をみて探すのですがどこかわからない。
こういう場合、けっこう先に進んでる時が多い。
なので 最近は迷子の場所を決めて
そこで楽譜を見て安心材料にしてます。

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

03.19

至近距離

レッスンで私が弾いている時、
先生は、弾けない時は横で一緒に弾いてくださったり
ららら~♪ってメロディを歌うとか、
注意点など「ほらほら~」ってのはいつもの光景(^_^;)
静かなにうなずきながら聴いててくださってる時は
間違ってないんだな~と安心する。
でも時々、先生が私にどんどん近づいてきて
何も言わず じーっと弾くのを見る時があるんです。
弾き終わってからも、言葉を選んでらっしゃるのか
しばらく「しーーーーーん
私も何も言わず、目だけキョロキョロ・・

思わぬ合格には万歳状態🙌・・
レッスンでの感情の揺れは半端ないです 💓

未分類:  トラックバック(-)  コメント(4)