*ぴあの*ぴあの*

子供の頃にやってたピアノを2009年から数十年ぶりに再開し9,年目に突入です♪



レッスン14回目 :: 2010/04/05(Mon)

桜も見ごろになってきました。
さて、レッスンはとういうと・・

バッハインベンション6番 
やっと6番らしく元気に弾けるようになりました
合格です・・と先生に言ってもらいました

次に何番をするかは後回しで続けて
ショパンワルツ3番34-2。
これは、やはり最初の出だしの弾き方(ショパンはいつも出だしでひっかかる)と
スラーと、Pを意識して弾く。もう少し曲にエッセンスが欲しいんだそうです
来月に持ち越し

ツェルニー15番、16番
ツェルニー15番はEで、左手はⅠ、Ⅱ、Ⅳ、Ⅳ7、Ⅴ6つの和音で
なりたってるからそれを覚えると3日で弾けるからの話で始り・・

(え和音音階もわからないのに・・和音ただうなずきまくるだけ

弾いてると先生が次はⅣ、次はⅠ・・と大きな声で言ってくださる。
これがわかると弾きやすいでしょ
道理ではそうだけれど、なかなかその通りの練習をするのは難しそう

16番は合格
次は15番と17番です。
17番もGからDになって~~和音は~~と先生は言ってらしてましたが・・
どうもそういうのは出来なそうなのできっちりやっていくほかないですね。
頭をつかわない分練習するほかない

で、浮き雲の話に・・なり
自分の出来なさを伝えると、先生も、音を間に入れていくのは、慣れもあるし、
きっちり考えるとやはり難しいものがあるわね・・と。
でも、ロマン派はこういうのがたくさんあるし、
これを避けて通るわけにもいかないから
これから徐々にやっていきましょう・・という話になりました

で、次は・・という話になり
私「ツェルニー30番をやり始めてわかったのは、
インベンション、その他の曲は自分にとってすごく格上だったし、
ロマン派は・・もうどうも・・
しばらくツェルニー30番だけでもいいんですが・・」と言うと

・・・・間が空き・・・



先生「バッハは次何にする?
何曲かやってるし、もう少ししたら3声もいいわね・・」
私の話聞いてない

先生「今まで何番やった?」
私「2番,4番、9番、今日終わった6番ですね・・。」
先生「けっこうやってるし、何番でもいいんだけれど・・
あ、10番にしましょう。
トリルが多いのは音を間に入れる練習にはいいわよ・・」と。
(完全に先生のペース

じゃ、この10番とツェルニ15、17番してきます。というと
3曲だけでいいの?と
一生懸命選んでくださったのであと1曲

チャイコフスキー 四季から6月バルカロールをやることになりました。
さっき、聞いたんですけど、
譜面をみてるのにどこ弾いてるのか見失った・・
難しそうで、大変そう・・でも、浮き雲やらなかったし・・
この曲は、今度はもうパスできない重圧がのしかかる

app.jpg
    16番のまると、新しい楽譜です。

  1. おけいこの日
  2. | comment:2
<<新曲 | top | 今月のレッスンは>>


comment

NoTitle

レッスンお疲れ様でしたー。

バッハ合格おめでとうございまする~。
次を決めていただけるなんて、ちょっとウラヤマシー。
3声も間近ですね^^。
私は14番。やっと楽譜が読めて指がなんとかという低レベルな位置にいます(笑)

ツェルニーに和音?? ⅣとかⅠとか何なに何??
私、そんなこと習ってないよぉ(習ったのに忘れてるのかも)

チャイコフスキーの四季。実は楽譜持ってます。
ぱらぱら見たら4月の「松雪草」だけ習ってました。
もったいないねえ^^;
6月の「バルカローレ」キレイな曲ですよね^^。好きですよ。
頑張ってくださいねー。
  1. 2010/04/06(Tue) 22:04:00 |
  2. URL |
  3. emika #gpL9eYu6
  4. [ 編集 ]

こんばんは^^

emikaさん コメントありがとうございます^^

バッハ曲を決めていただきましたが
その理由が、音の間に音を入れる練習ってのが嫌かな(笑)

考えてみると、2番,4番,6番,9番、今からやる10番。
けっこう長くやってる気はするんですがねぇ~
まだ5曲、インベンションの3分の1です・・^^;

私もまた譜読みからです・・お互いがんばりましょ♪

和音は・・和音は・・・和音は・・・
あまりわかってない私の説明では理解は無理だと思うのですが^^;
こんな風でないかと・・
ハ長調Cだと「ドミソ」がⅠの和音、「ドファラ」がⅣの和音、「シレソ」がⅤの和音(たぶん・・汗)

15番は調はEで、「ミソシ」だとⅠの和音、「ミラド」Ⅳの和音、「レファシ」だとⅤの和音・・・なんだそうで。・・・
Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅴ7・・・音を覚えてしまえばすぐ弾ける・・というものみたいです。

減七の和音、人の名前みたいな和音もでてくる(笑)

ツェルニー40番になるとこの和音も調もたくさん出てきて
しょっちゅう変わるらしいです。

結論はピアノをするのだったら、少し楽典もわからないと・・
この先詰まるのではないかと思いました・・・。

重圧の曲・・いえいえ・・・
6月。バルカロール
6月か・・それまでに弾けるようになってるかな・・ふぅ・・
  1. 2010/04/06(Tue) 23:14:59 |
  2. URL |
  3. どれみ #7GT5/NrI
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する