2017.04.09 23:28

ハノン
スケールもアルペジオも新しいもの。
偶然に同じ調であることを二日間前だったか気づく。
でも最初からわかってても
練習がし易い・・ということはありません。それが私 (^_^;)

ツェルニー
あれだけ弾きにくかった所も弾きやすくなり
弾いてて曲が短く感じるようになってきました。
弾きにくい原因がわかるレッスン、やはり貴重だな・・つくづく実感。
でも、まだ言われた事の何割かができてるだけだと思うので
引き続き部分練習もやりながら、メトロノームにあわせて
テンポの調整をしています。

バッハ
参考資料(赤ペン先生みたいなもの)の書き込みを入れた。
これがけっこう細かく・・夜書いてたら目がぼーーっ
横にいた娘にそんな細かいの見えるの?と突っ込まれた。
確かに・・。
専門用語がわからなかったり、跳躍、浮遊、距離感・・など
ちょっとわかるような、わからないような表現ももあったりですが
アクセントやフレーズなどはわかりその辺は弾きやすくなりました。
これもメトロノームにあわせて弾いていこうと思ってます。

金の亀の番人
音が変わってるので、自信がもてず
次弾く音をためらいます。これは弾きこむしかない。
でも、ここは亀が登場してるな。。大きな亀だろう?とか
キラッとゴールド感ある箇所だな・・とか
けっこう好きで、この物語、10曲あるので
次も1曲弾いてみようかな~と思ってます。

| 未分類 | コメント(2) | |

この記事へのコメント

NoTitle

何か 難しそうなツェルニーにバッハにと・・・そして金の亀の番人・・
前の記事でも書いてありましたよね。
金の亀の番人・・・初めてお聞きした曲ですが どんな曲なんでしょう。
調べてみようっと。どれみさんのレッスン 意外な曲がでますね。
発表会とかでは 良く弾かれるような曲なんでしょうか。

| ゆめゆり | URL | 2017.04.12 23:47 |

こんばんは。

ゆめゆりさん コメントありがとうございます(^^♪

ツェルニーは途中からもどった2巡目
先生がせっかくだから前よりも深めて
テンポアップしていきましょう・・でやってますし、
バッハもいつも 1曲に季節が変わるくらいかかりますので
この2つのんびりしたものです^^

金の亀の番人、イベールはフランスの作曲家さん。
YouTubuをみると発表会や
コンクールの課題曲にもなってますね。
でも、サックスとピアノのアンサンブルもあり
けっこう大人チックな曲では?と思ってます。
色んな作曲家の曲を弾くのがいいわよ・・と
先生が色々選曲してくださってます。

| どれみ | URL | 2017.04.13 23:19 | 編集 |

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

プライベートモード