2015.01.25 23:22

ハノンの本ですがレッスンの時に一応先生に聞きくと
娘の使ってた全音のも家にあるし、
音楽の友社ので大丈夫よ・・との事で買いました

本は、基本先生の使ってるのと同じ出版社のものを使ってます。
(出版社により同じ曲でもページ数や、1ページに収まる小節の数が違ったり
譜めくりの必要な曲の時に奇数ページ、偶数ページからの始まりが違うと
不便な時もあります)

真っ白で表紙も地模様があり手触り良し
それとここの楽譜の♪は玉が大きい感じがして見やすいと思います。
a-hanon.jpg

まず、39番 音階からと思ってましたが
先生が調を揃えて41番アルペジオもやっていきましょう・・となり
まずハ長調で音階とアルペジオです。この方が効率的
ちょっとやってみましたが・・少し早くすると指があまったり足りなかったり
あれ?あれ~でした
ゆっくりきちんと練習しないとだめですね。
それとカデンツ・・久しぶりに弾き懐かしい~
ジャンジャンジャンジャン~とカッコいいし気分もいいのですが
・・これから♯♭が増えてくると大変になるんですよね・・

帯に大きく「効果的に練習しよう!」・・(「!」に強い押しをを感じます  ^^;)
・・そうなればいいけれど。。



| つぶやき | コメント(4) | |

この記事へのコメント

偶然ですね~ほんとに。
私も 同じ楽譜買っちゃいました。
全音と 比べたけど 表紙の感じも 音友のほうが  模様入りのしっかりした感じでいいですよね。
全音のほうは 何冊もたくさん置いてありましたけど
音友のほうは 一冊しかなかったですが やはり 全音のほうが普通に買い手が多いのかな~?

私の先生は 全音の青いハノン持ってました。
同じほうがいいかなと思ったけど 中身は たぶん同じだろうと思って
自分の好みで 音友にしました。

カデンツ弾くとき なんだかカッコイイ!! って私もいつも思ってました。
また スケールだったらやりたいなーと思います。
というより ほんとはアルペジオをやりたいですけど 苦手なので弾けるようになりたいので。

| ゆめゆり | URL | 2015.01.26 18:34 |

おはようございます。

ゆめゆりさん コメントありがとうございます^^

>偶然ですね~ほんとに。
・・そうなんですよ^^記事を書いたすぐその後だったので
おお!と思ってしまいました^^
私が買った時も全音のが多く並んでました。
需要があるから多くなるんでしょうか・・。

ハノンには長い曲もありませんし
中身は最初の解説あたりが違うだけと思いました。
アルペジオは短くてカデンツもなくある意味ほっとしてるんですが
レッスンでは注意が山のようにくるだろうな~と思ってます^^;;

| どれみ | URL | 2015.01.27 09:03 | 編集 |

「ハノンアレルギー」

残念ながらハノン(そしてチェルニー)に関しては悪い思い出しかなく・・・今や手元に本すらもありません。
基礎練習をさぼったツケはそれこそ毎日のように感じてますが、本当にひどいトラウマなんで、いまさらハノンやり直す気にはどうしてもなれません。
ピアノを弾くのが楽しくなくなってしまいます。それじゃ意味がないので・・・

と、世の中にはこういう「ハノンアレルギー」の人もいるのですよ。
でも食べ物でも花粉でもアレルギーがないほうがいいように、ハノンについてもアレルギーなんてないほうが絶対いいです。
練習は決して裏切らないので、どれみさん、ぜひがんばってくださいね。私の分まで・・・(!?)

| 私はタワシ | URL | 2015.01.29 09:14 | 編集 |

こんばんは。

私はタワシさん コメントありがとうございます^^

私も再開した当時、ツェルニーもそうですが
まさかのハノンをやるとは思いもしませんでした^^;

理由としては、
指が動かないので少しでも^^;・・というのもありますが
やはり月一のレッスンでのグランドピアノは
最初、音も大きく、当たり前ですがタッチも全然違う、
それと譜面台が遠いので^^;
距離感みたいなものに戸惑います。
なので体をグランドに慣らすのに。。と思い始めようと思いました。

結局、地味~ぃにエチュードばかりになってしまいましたが
とりあえずやって何かあればまた考えていこうと思ってます^^

| どれみ | URL | 2015.01.29 22:22 | 編集 |

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

プライベートモード