2014.02.15 22:04

ツェルニーですが、今回19番は、楽譜が細かい
指使いの指番号も当たり前な事ながら細かい。
わぁ大変そう!と思ったんです。

でもでも・・・書いてある通りの指番号で弾くと高音から低音まで
うまく運んでくれるんですよ~
よく考えてあるな~と感心し、このおもしろさのおかげで
音も飛ぶ弾き難い曲だと思いますがなんとか乗り越えていけそう

シンフォニアは、上のツェルニーの譜読みをやってたのでまだ2小節 
進めていかないとね。

それとテンペスト3楽章ですが、この前のレッスンの時に
先生に「選んだ曲でしょ?」の言葉が「 どすーーーん」と
なんやかや・・もろもろ・・・重く感じ
テンペスト3楽章だけ練習する時間を作ってます。

前々からテーマの時の左手の弾き方がいまひとつで、
自分の中の「鳴る」イメージがなかなかつかめなかったんですが
この前のレッスンで先生の弾き方をみて
 こういう弾き方をするんだ。。とわかり(今頃やっと線と線が繋がったのか!です
同じ音でも、弾き方を変えるとすごく弾き難いですが、弾き方を変更中。


あと楽譜を見直すとけっこうスタッカートになってるのにやってない所がある。
意識して楽譜を見る。
これも切って弾くとけっこうすっきり聴こえるものですね。

少しの変化でも曲って変わるもので
しばらくこのままやってみようと思ってます

| 練習記 | コメント(2) | |

この記事へのコメント

おおー やっぱり楽譜にかいてある指番号なども
だてにかいてあるわけではなく 次の音が取り易いようにとか
そのために書いてくれてるみたいですよね。
私も ワルツで それ 感じているところです!!

先生に 選んだ曲でしょ と言われましたか~
どよーーん となりますよね。
でも 先生の弾き方って とても自分が弾きにくかったところを
こんなふうにと参考に弾いてくださると
あーーやっぱり 先生だ!! って
雲が急に空いて 青空が見えてきたーーということありますよね。
先生って 尊敬してます 私も。

| ゆめゆり | URL | 2014.02.16 14:22 |

こんばんは^^

ゆめゆりさん コメントありがとうございます^^

>そのために書いてくれてるみたいですよね。

・・ですね^^
あと、一例ですが
1の指で入れるのにあえて4の指がなってる時は
あまり大きな音にならないように・・と4になってると
先生から聴いた事があります。
4の指って薬指。。大きな音はでませんものね。

指の番号って動きだけでなく
音の大小まで考えられてるんだな・・とわかり、
けっこう気をつけて指の番号は見るようになりました。

あと、特徴的というか、変わった指使いもあって
最初は、おかしい。と思うのですが
後々けっこう指が覚えてるんでしょうか?
そこの部分だけ弾ける・・ってのがあります(笑)

>先生に 選んだ曲でしょ と言われましたか~

・・・はい↓
「返す言葉もございません」状態になりました。
どよ~んとした気持ちで練習してても
同じ結果しかでないと思うので
難しい曲ですので、ここは開き直りも必要かと思ってます^^

>雲が急に空いて 青空が見えてきたーーということありますよね。

・・そうなんです♪
「ぱこーーーん!!」とわかるんですよ(笑)
すごいですね、先生♪

| どれみ | URL | 2014.02.16 19:53 | 編集 |

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

プライベートモード