子供の頃にやってたピアノを2009年から数十年ぶりに再開しました♪
はまる
2014年01月13日 (月) | 編集 |
昨日、何気にシンフォニアを音質をパイプオルガンに変えて弾いてみた。
そうしたら、保持音が当たり前の事ながらきっちりのびるので
音と音の重なりハーモニーになって聴こえる

デジピってやはり普通のピアノとは違い倍音がうまく出ないんですよね。
このまま練習してたら保持音の意味も効果もあまりわからずいたかもしれません。

という訳で、とてもきれいな曲とわかりこればかり弾いてうれしがってます


コメント
この記事へのコメント
あらまあ!!
デジピで パイプオルガンにしたら いい具合に保持音との組み合わされた音が綺麗なのに
気付いたってことでしょうか?
そういうデジピの使い方もあるのですね。
夜中の練習にも ちょっと良いし いいなー♪
2014/01/13(月) 22:09:16 | URL | ゆめゆり #-[ 編集]
こんばんは^^
ゆめゆりさん コメントありがとうございます^^
>気付いたってことでしょうか?

・・そうなんですよ^^
今まで苦労してきた保持音の意味を知りました。
とってもきれいで30分くらい連続で弾いてました(笑)

>そういうデジピの使い方もあるのですね。
夜中の練習にも ちょっと良いし いいなー♪

・・本来生ピアノで練習が一番良いのですが
デジピは音質をかえたりできるのはおもしろいですね。
インベンションは「チェンバロモード」で弾くと雰囲気も違い練習の気分転換にもなりました。
そうそう、夜遅くでも音量をおさえたり、ヘッドホンをすれば練習でき便利です^^
2014/01/13(月) 22:36:42 | URL | どれみ #7GT5/NrI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する