子供の頃にやってたピアノを2009年から数十年ぶりに再開しました♪
2013年01月30日 (水) | 編集 |
娘が、「さよなら ドビュッシー」という小説(中山七里 著)を貸りてきた。


         a-p.jpg




大好きなドビュッシー

娘に本の内容を聞いてみると、ピアノに関する本かと思いきや

なんと ミステリーだそう。

これがシリーズで 今「おやすみ ラフマニノフ」を読書中。

次は、「いつまでも ショパン」だそうです。

まだ、ベートーベン、モーツァルト・・たくさんの作曲家がいますから

次は誰だろうという興味はありますが

ミステリーなら読まないかも
 老眼が進み ^^;本を読むにはメガネが必要となってきてるのものある )

娘は読みやすくおもしろい・・と言ってます。

本の帯のコメント、「おやすみラフマニノフ」、「いつまでもショパン」は 

ピアニストの仲道郁代さんです。

a-p2.jpg
中はこんな感じで素敵です



コメント
この記事へのコメント
これ、数日前に新聞の映画広告で見ました。「のだめ」のピアノを弾いていた方が出演されるそうですね。ミステリーはダメなのですか?映画の感想を読むと、ミステリーと書いてあるけど、すぐに先が読めて(笑)、そんなにミステリー感はないそうですよ。今私の練習している「月の光」が演奏されるそうだし、映画を見に行こうと思ってます。
2013/02/04(月) 00:58:29 | URL | すもも #-[ 編集]
すももさん コメントありがとうございます^^

原作のおおまかな筋を娘から聞いたんですが
けっこうびっくりな展開^^;
映画も原作のままな感じなら
ピアノからはけっこう離れてるかな~と思ったんです。

でも、有名なピアニストの方が演奏される
ドビュッシーの曲が流れるのならいいですね。
私も見にいく・・いえ、聴きに行くのもいいかもしれません^^
2013/02/06(水) 22:45:11 | URL | どれみ #7GT5/NrI[ 編集]
そうなんですか?
作曲家の物語ではなかったんですね。
すももさんのおっしゃってるので思い出したんですけど
のだめで ピアノの音を担当した 清塚さんのコンサートに去年行ったとき
そういえば ドビュッシーの映画に出るんだか音の担当だか
そういうのをやるから観に来てね と言っていたんです。

でもどうせなら ミステリーじゃなくて純粋なドビュッシーの物語 半生を描くとか
そういう映画を観たいなあと私は思います。
2013/02/07(木) 12:48:27 | URL | ゆめゆり #-[ 編集]
ゆめゆりさん コメントありがとうございます^^

>でもどうせなら ミステリーじゃなくて純粋なドビュッシーの物語 半生を描くとか
そういう映画を観たいなあと私は思います。

・・・そうですよね。
私は、一番最後に見たのが「のだめ」という(笑)
もともとめったに映画館に行かないタイプ^^;;

純粋なピアノの映画なら見たいですが
ミステリーなら映画館に足を運ぶことはないかな~と思ってます。

でも月の光はとても好きな曲だし、
娘も原作はおもしろかった・・・・というので
DVDがレンタルされれば見てみようと思ってます^^;

2013/02/07(木) 17:39:17 | URL | どれみ #7GT5/NrI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する