RSS     Archives     Log in
プロフィール

どれみ

Author:どれみ
50代主婦です^^
子どもの頃に習ってたピアノを
数十年ぶりに再開しました。

上の写真は「聖セシリア」
音楽の聖人だそうです。
娘がピアノがうまくなるように
買ってきてくれました。
クリスチャンではないけれど
上手に弾けますように
垣根をへだてて
見守っててください^^;

♪コメント大歓迎です♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
♪うちのくろちゃん♪

マウスと遊びます♪かわいいですよ^^

いらっしゃいませ^^
ごゆっくり^^
現在の閲覧者数:
 

では・・この前のレッスンより

 
ツェルニー30番から。

22番は④のここが弾けなかった
a23.jpg
スタッカートのついてる、「し れ ど ら」がメロディなのに
ついてない「み み み み」の音に意識がいく

ここの小節に近づいてくると、「もうすぐもうすぐ例の所。。」とオロオロしてきて
やはり「へんなの」になって
かならずここでつまり、メロディが切れる
意識するとますますおかしくなる
いっそ、全部スタッカートがついてた方が弾きやすい・・なんて思ったり・・・
さらっといけば大したことはない箇所でしょうが・・
こういう感覚の問題で弾けないのは厄介

23番は、苦手な「調の話」が予想通りやはり出てきた
調は詳しくはわからないが、♯の数とどこが変わるのかはわかる。
一応わかる顔をして聞いた

でもひとつほめられた
途中♯の数が減って、♯2つのニ長調の所があるんですが、
「みんな余計な所に♯をつけて弾いてしまい弾き難い所なんだけれど
あなたはじょうずね。二長調が好きなのね?」と言われた。
えっ
ただ好きも嫌いもなく、ただ♯の数が少なくて弾きやすだけで~す
(頭が単純でよかった

この曲は次回までにスピードをあげる事。
これもまた、ゆっくりツェルニーの私には難しい事だ

Comment


          
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード