子供の頃にやってたピアノを2009年から数十年ぶりに再開しました♪
連休最終日
2009年10月12日 (月) | 編集 |
午前中ピアノの練習をしてました。
一段落つき、ふと窓から外を見るとすごい良い天気太陽
こんなに空が青いのに・・・私は家でピアノか・・がーん
にっちもさっちもいかないバッハのインベンションか・・手書き風シリーズ矢印下
なんて暗い人生・・とふと思ってしまいましたアップロードファイル笑


さて・・今日はこれから弾いてみたい曲について書いてみますエヘ
昔は、シックでおしゃれな感じの曲(ロマン派系)、
それと、かっこ良い曲(低音バンバン!)が好みだったんですが・・
今は、明るいかわいい曲が好みheart0
(年をとったら赤い花が好きになる・・
   ・・・というあれみたいなものでしょうか・・jumee☆faceA63
ソナチネ、ソナタはそういう曲が多くこれから弾いていきたいですハート音符

あと、シューベルト、ブラームス、メンデルスゾーン
きれいな曲がありますね。
今のレベルにあう曲があれば弾いてみたいです~色付きアスタリスク-5sReg*IrisBlue(白-薄い背景用) †SbWebs†
なにか良い曲があれば教えてくださいキラリ

弾きたい曲は限りなくあり・・・・
でもそれを弾くにはそれなりの練習もいることを知り・・・・
でも・・・・・
私、再開してからハノン、ツェルニー・・と基本のものやってない。
jumee☆uuummm1b ということは・・自分の進度がわからないし、
テクニックとなるとやはり必要?・・と
少し気になる時はあるんですが
(するとなればハノンと、ツェルニーとバッハインベンション
  三つ巴になるだろうしアップロードファイル・・無理・・)
先生に「した方が良いですかね?」と聞けば
たぶん、「そうね、じゃする?」と言われそうなので言いません・・笑喜び


ピアノは、あの本をやってるならこの曲集・・ってのがありますが
大人のピアノですものね・・やりたいものを・・ですね照れ笑い
akeitai.jpg
先日、先生からメールがきました。
2台のピアノ連弾のものです。
速攻で返信しました。CD聞くの楽しみですハート音符そうそう、楽しんでやりたい。
それが一番手書き風シリーズ26ピース

コメント
この記事へのコメント
こんにちはーe-454
あんなに天気の良かった連休ですが、
私は、思いっきり仕事してました~e-455
それぞれの連休ですねe-461

ピアノ、弾けるようになってくると、
それに比例して弾きたい曲も、どんどん増えてきますね~。
もっと早く、ピアノを始めておけばよかったe-327
2009/10/13(火) 21:41:17 | URL | のっち #-[ 編集]
のっちさん コメントありがとうございます^^

連休はお仕事だったんですね。
御苦労さまです。

私もどこへ行くこともなく・・
お天気が良かったので、掃除洗濯してました^^

>もっと早く、ピアノを始めておけばよかった

・・・そうなんですよね~
私も、始めたいと思ってたものの
行動を起こすまでに時間がかかってしまいました。
(うだうだと、半年以上・・^^; )
今、思うともったいない時間だったな・・と
思ってます^^;
2009/10/14(水) 19:14:41 | URL | どれみです^^ #wW52NJZc[ 編集]
こんばんは~

先生との連弾なのですね^^
どんな曲なんでしょう?

メンデルスゾーンなら「無言歌集」からとか、
ソナチネならソナチネ2が結構いい曲いっぱいありますよ~。
シューベルトは一度弾いてみたいのですが、私の力じゃ譜読みすら
出来なくって^^;

大人のピアノは楽しまなくっちゃね♪
2009/10/16(金) 22:02:27 | URL | emika #gpL9eYu6[ 編集]
のっちさん コメントありがとうございます^^

先生との連弾は「クレメンティ Op・36№5」を
2台のピアノのために編曲されたものです。
1台のピアノの連弾は、昔したことあるんですが
2台になるともっと豪華になりそうなので
楽しみにしてます^^

「無言歌集」・・・娘の使った本があって
パラパラみましたが・・まだ、敷居は高いような^^;
シューベルトはそんなに難しいんですか~
知りませんでした^^;
このふたつは、まだ先ですね~
ソナチネ2なら・・いけるかな^^

そうそう楽しみ、続けていきたいですね・・。
いつか上のふたつが弾けるようになるかもしれない♪
2009/10/17(土) 09:05:03 | URL | どれみです^^ #wW52NJZc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック