子供の頃にやってたピアノを2009年から数十年ぶりに再開しました♪
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
さて・・ツケのお話を・・
2015年04月11日 (土) | 編集 |
今やってるツェルニー、3ページだったので
コピーして見開きにしようと本を見てたら
数曲後にも3ページの曲をみつけ
まぁ、弾くのは今年の終わりだろうけれど
ついでに一緒にコピーしてしまおう・・どんな感じの曲だろうと見てみた。
8分6拍子  左手は6つ、テンポは変わらない。
右手の3つの音を入れる曲だな~と思いつつも
なんだか違和感が

右手の音を数えてみると19
 数え間違い・・数え直すが、いいえいえ19
待て・・左は6つ、右は3つだと18でいいんですけれど・・
ひとつあまる・・ってまた微妙な~と思い目線を下にすると
右手、妙に1小節に込み合ってる部分もある。
数えてみたら23 6で割り切れないし・・・
その前の小節の右手を数えたら20
色々数えてみたら21とか16も・・
なんだかばらばらな数なんですけれど・・
あわてて本の最初にある曲の解説をみた。

なんと右手の不規則な連譜の練習と書いてある。
きっちりあう、割り切れる小節もあるけれど
半分は右の音数がばらばらと変わる、
私の苦手を曲にした曲
ツェルニーって上下ぴったりあう曲と思ってきたので
なんだか裏切られたような気も・・

この前のレッスンの時にそれを先生に言ったら
あの曲はやっかいよ・・きちんと数を入れるでも、
帳尻だけあってもだめ・・音の間隔はきちんと・・との事。

ツケがまわってきました。