2017

04.20

来週はレッスン

ハノン
黒鍵が多いのですが、指の長さと合うので
弾きやすい調♪
ちなみに今まで一番弾きにくかったのは「ヘ長調」でした。。

ツェルニー  メトロノームとともに。
当たり前の事ながら弾きにくいところは 遅れる。
ちょっと弾きやす所は 走ってしまう。
実際、ちょっと早い方が乗れる感じなのですが
ここはまだまだ・・
弾きにくい所がきちんとあわせれる速度の方が
注意された所も意識して弾ける。
ここまできたらあせらない~きちんと。

バッハ
書き込みを入れたらそこに意識がいき
前よりも弾きにくくなってます。
自由に弾かせてぇ(笑)

金の亀の番人
娘に不思議ちゃんの曲だね~と言われてます。
ペダル、「足とともに」と最初にかかれてるだけ。
なので こんな感じなのかな~と決まってなく踏んでるので心配。
あとグランドだとまた響き方が違うんですよね。
レッスンの日は、踏み込む、離すにドキドキしそうです。

未分類:  トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

04.14

音楽用語

金の亀の番人の楽譜ですが
フランス版をコピーしていただいた。
指の番号がまったく書かれていない。
音楽用語は、当たり前のフランス語。
まったくわからないのでネットで検索。
ちゃんとわかるもののあったが
けっこう時間をかけたけれど わからない単語のものもあった。
先生に聞いてみようと思ってます。
ペダルの記号は、「足と共に」とだけ。。
う~ん・・・(・・?  けっこう自由でいいのかな。

あと題名が 金の亀の女番人
        金の亀を使う女
        黄金色の亀を曳く女  というのもあった。
私が聞いたのは、金の亀の番人。
「女」と入ってた方が曲のきれいな雰囲気にあってると思ってます。
題名も大事ですね。

最近、ハノン、ツェルニー、バッハを淡々とやってきた。
そういうのもけっこう気に入ってやってたのですが
久しぶりの曲はピアノに向かうのを楽しくさせてくれてます^^

未分類:  トラックバック(-)  コメント(2) 

    2017

04.09

あたたかくなってきましたね

ハノン
スケールもアルペジオも新しいもの。
偶然に同じ調であることを二日間前だったか気づく。
でも最初からわかってても
練習がし易い・・ということはありません。それが私 (^_^;)

ツェルニー
あれだけ弾きにくかった所も弾きやすくなり
弾いてて曲が短く感じるようになってきました。
弾きにくい原因がわかるレッスン、やはり貴重だな・・つくづく実感。
でも、まだ言われた事の何割かができてるだけだと思うので
引き続き部分練習もやりながら、メトロノームにあわせて
テンポの調整をしています。

バッハ
参考資料(赤ペン先生みたいなもの)の書き込みを入れた。
これがけっこう細かく・・夜書いてたら目がぼーーっ
横にいた娘にそんな細かいの見えるの?と突っ込まれた。
確かに・・。
専門用語がわからなかったり、跳躍、浮遊、距離感・・など
ちょっとわかるような、わからないような表現ももあったりですが
アクセントやフレーズなどはわかりその辺は弾きやすくなりました。
これもメトロノームにあわせて弾いていこうと思ってます。

金の亀の番人
音が変わってるので、自信がもてず
次弾く音をためらいます。これは弾きこむしかない。
でも、ここは亀が登場してるな。。大きな亀だろう?とか
キラッとゴールド感ある箇所だな・・とか
けっこう好きで、この物語、10曲あるので
次も1曲弾いてみようかな~と思ってます。

未分類:  トラックバック(-)  コメント(2) 

 |TOPBack